お香について - お香の種類

お香の種類は形も用途も様々。代表的なお香を紹介します。

  • お部屋焚き 渦巻型
  • 練香
  • お部屋焚き コーン型
  • 匂い袋
  • お部屋焚き スティック型
  • 線香
  • 抹香
  • 焼香
  • 虫よけ香
  • 塗香(ずこう)・塗香入
代表的なお香の種類
お部屋焚き 渦巻型

お部屋焚き 渦巻型

長い時間たき続けることができ、広い部屋や空気の流れの多い玄関などでのご使用に適しています。

練香

練香

香木・香料を粉末にし梅肉・蜂蜜を加え練り合わせた丸薬状のお香です。主にお茶席で使用します。

お部屋焚き コーン型

お部屋焚き コーン型

下にいくほど燃える面積が広くなるため、短時間で強い香りを出すことができます。

匂い袋

匂い袋

白檀、丁字、桂皮、龍脳などの天然香料を刻み、調合し、袋に詰めたお香です。衣服に香りをうつしたり、防虫効果にも利用します。

お部屋焚き スティック型

お部屋焚き スティック型

一定の太さで均一に燃焼するため、香りも均一に広がります。

線香

線香

仏前用は約12~13cmの長さが一般的ですが、宗派により多様な長さを使用します。

抹香

抹香

長い時間焚くことが出来る常香盤などに使用される、粉末状のお香です。

焼香

焼香

沈香や白檀などの香木、薬種、天然香料を細かく刻み調合したお香です。主に仏前で使用します。

虫よけ香

虫よけ香

法衣、和服、古書や掛軸、人形などにお使いいただける防虫用のお香です。

塗香(ずこう)・塗香入

塗香(ずこう)・塗香入

身体に塗る清めの香として使われてきました。写経を行う際などに用いられます。

代表的なお香の種類